レンタカーでもし事故を起こしたら?

もしレンタカーで事故を起こしてしまったら?保険は?レンタカーでの事故後について詳しく解説します。 - レンタカーの保険はどこまで補償してくれるのか

レンタカーの保険はどこまで補償してくれるのか

レンタカーを利用した際に気になるのが、交通事故の発生です。
普段車を運転する機会のない人がレンタカーを使用するケースも少なくありませんし、日ごろよく運転をしている人でも慣れない車や知らない土地では事故を起こす可能性が高まりやすいものです。

どんな保険が付いているのかを確認しよう

万が一交通事故を起こした場合でも、ほとんどのレンタカーは保険への加入がセットになっているのであまり気にする必要はなく、すべて保険会社が損害賠償などに関しての手続きを行なってくれるでしょう。
賠償責任について、多くは対人賠償において無制限、人身傷害や搭乗者傷害では1000万円〜3000万円、対物賠償は1000万円〜2000万円と一般的な自動車任意保険と変わらないので十分な補償が得られるはずです。
ただし、最近増えている「格安レンタカー」の場合はこの補償金額が抑えられていることもあります。
格安レンタカーでなくても保険内容はレンタカーの営業所によって異なるので、車を借りる前にきちんと確認しておくことをおすすめします。
もし補償額が不十分だと思ったなら、オプション代を払えば補償の増額などの対応も可能かと思います。

保険がカバーしてくれない支払いもある

この保険で補償されない部分の支払いをカバーしてくれるのが「CDW(車両・対物事故免責補償制度)」です。
CDWとは対物と車両補償の免責金額である5万円以上の支払いの補償をしてくれるというものです。
たとえば人の家の塀にぶつかった場合に、塀と車の修理に掛かる5万円までは事故を起こした本人が支払いますが、それ以上は保険で支払ってもらえるのです。
CDWへの加入は任意で、1日につき1,000〜2,000円程度が必要です。

事故を起こしたりレンタカーを盗まれたりといった場合には営業補償の代金として支払いを求められます。
営業所によって金額は異なりますが、20,000円から50,000円程度の金額を請求されることが多く、これはCDWに加入していても支払わなければなりません。