レンタカーでもし事故を起こしたら?

もしレンタカーで事故を起こしてしまったら?保険は?レンタカーでの事故後について詳しく解説します。 - レンタカー運転中に事故を起こしたなら

レンタカー運転中に事故を起こしたなら

車を運転していて心配なのは事故を起こしてしまうこと、という人はたくさんいることでしょう。
事故を起こす可能性のあるのは、レンタカーを使用しているときでも同じです。
では、レンタカーの運転中に事故を起こしてしまったならどうすればいいのでしょうか。

レンタカー運転中に事故を起こしたなら

レンタカーの運転中に交通事故を起こしたり事故に巻き込まれても、その対応は基本的にマイカーを運転しているときと同じです。
まずは車を安全な場所に移動させてから警察に連絡をします。
同乗者や相手がある場合には、その人たちの怪我の有無を確認し状況に応じて救急車の手配も必要となります。

その後はレンタカーの事業所へ連絡をしましょう。
事故の場合には保険金の支払いなどが伴うことが大半ですが、レンタカーの保険はレンタカー事業者から加入している任意保険会社に連絡するからです。
相手の存在する軽い事故の場合、大ごとにしたくないと警察に通報せずに当事者同士で示談にしようとする人もいますが、警察からの事故証明がなければ保険金が支払われません。
その場合には事故に係わる損害をすべて自腹で支払わなければならなくなってしまうので、警察への連絡は必須であると認識しましょう。

任意保険はどこまで補償してくれるの?

事故における損害はレンタカーを借りた際に任意保険に加入しているのでそこからほとんどが支払われますが、飲酒運転やスピードの出し過ぎといった過失のある場合には支払い拒否をされることもあります。
また、レンタカーの修理期間中は車が使えないために、レンタカー事業者からその間の休業補償の支払いを求められます。
これは相手に非のあるいわゆる「貰い事故」であってもレンタカー契約者が支払わなければなりません。
事故証明の出ないような自損事故や知らない間についた軽い傷やへこみといったものも、契約者での支払いが求められます。

それを回避するために、レンタカーを借りる際に車両保険にも加入しておくこともおすすめです。
ただ中には任意保険の中にこういったものも含まれているケースもあるので、車を借りる前に保険の内容や事故の際の対応などをしっかり確認しておくことが大切です。