レンタカーでもし事故を起こしたら?

もしレンタカーで事故を起こしてしまったら?保険は?レンタカーでの事故後について詳しく解説します。 - レンタカーのメリットとデメリット

レンタカーのメリットとデメリット

ガソリン代や駐車場代、任意保険代、メンテナンス費用に車検代などなど、車を所有することでの多くの出費が負担といった理由もあり、マイカーを持つ人が減少しているそうです。
そしてどうしても車を使用しなければならない際には、レンタカーを利用する人も少なくありません。
ここでは、上手にレンタカーを利用するためのレンタカーのメリットとデメリットについて見ることにしましょう。

レンタカーのメリット

レンタカーのメリットについて挙げると、まずは必要な時間、必要なときだけ借りることができる点があります。
また、デートの時ならカッコいいスポーツカー、友だちや家族みんなでワイワイと出掛ける時には大きめのワゴンタイプ、さらには引っ越しの際には軽トラやトラックといったように目的や人数に合わせてクルマ選びができる点も挙げられます。
普段車を運転しない人にとっては長距離ドライブはなかなか大変ですが、旅行先などでは目的地近くまで列車で行き「駅レン」といった列車とレンタカーを組み合わせたサービスを利用すればお得でラク、そして便利です。
乗り捨て可能なレンタカーもあるので片道だけ利用してその他は列車やバスといった公共の交通機関で移動することもできます。
もちろんしっかり整備もされていますからメンテナンス面の心配はいりませんし、保険の加入もできますから安心です。

レンタカーのデメリット

ではデメリットは、というと、レンタカー店までの移動手段が必要なことがあります。
ただ、前述したようにほとんどの大きな駅の近所にはレンタカー店がありますし、宿泊施設などに車を届けてくれるサービスを行なっているところもあります。
レンタカー店の営業時間内でなければ借りたり返すことができない点もデメリットといえるでしょう。
人気の観光地や繁忙期には車が空いていないケースもあり得るので早くからの予約が必要ですし、予約後ギリギリで予定が変更してキャンセルすればキャンセル料が掛かってしまいます。
実際に車を運転する時間が短いなら、タクシーを使うほうが安上がりという場合もあるかもしれません。

このようにレンタカーにはメリット、デメリットがあることを理解し、自分や状況に合った使い方をすることが大切です。