レンタカーでもし事故を起こしたら?

もしレンタカーで事故を起こしてしまったら?保険は?レンタカーでの事故後について詳しく解説します。 - カーシェアリングとレンタカーは何がどう違う?

カーシェアリングとレンタカーは何がどう違う?

最近、カーシェアリングという言葉を耳にする機会が増えました。
カーシェアリングとは、カーシェアリング会社と契約を交わした人たちと車を共同で乗るというシステムです。
でも、レンタカーとどこがどう違うのでしょうか。

どちらもお金を払って車を借りるのだけれども

 

カーシェリングもレンタカーも、お金を支払って車を借りるという点において行政上、法令上ではどちらも同じ扱いになります。
けれども、レンタカーは会員登録などは必要なく運転免許証さえあれば誰でも利用できるのに対して、カーシェアリングではカーシェアリングのサービスを提供する会社とあらかじめ会員登録をしておかなければならない点が異なります。
また、最近は短時間での貸し出しも提供することも増えているようですが、一般的にレンタカーは6時間からの利用を最短としています。
一方、カーシェアリングでは15分からというように短時間の利用を想定した価格設定となっています。
したがって、近所へのちょっとした買い物や子どもの送り迎えといった短い時間で車を使用したいといったケースではカーシェリングは非常に重宝します。
ただし、終日や数日間の使用であればレンタカーに比べて割高になることが多いようです。

カーシェアリングはいろいろ便利

またガソリン代は基本料金に含まれているので、レンタカーのように返却時にガソリンを補充する必要がない点も手間が省けて便利です。
さらに、レンタカーは営業所の出向いて貸し出し手続きをしなければならないので、基本的に営業所の営業時間内でなければ利用できません。
カーシェアリングなら事前にパソコンやスマホから予約しておけば24時間いつでも好きな時間に利用することが可能です。
最近ではカーシェアリングも急速に普及しているので近所にカーシェアリングステーションがあるケースも多く、一層便利になっています。

このように似て非なる点の多いカーシェアリングとレンタカーですが、どちらがいいかは利用の仕方や目的によって異なるので、それらに合ったほうを選ぶことがそれぞれを上手く利用できる方法といえるでしょう。