レンタカーでもし事故を起こしたら?

もしレンタカーで事故を起こしてしまったら?保険は?レンタカーでの事故後について詳しく解説します。 - いずれも車を借りるレンタカーとカーリース、その違いとは?

いずれも車を借りるレンタカーとカーリース、その違いとは?

近ごろはマイカーを持たずにカーリースをする人も多くなっています。
カーリースは車を所有しているのは契約相手の会社であり車を運転する人は「使用者」となる旨が車検証に記載されています。
では、車を借りるという点では同じであるカーリースとレンタカーの違いはどこにあるのでしょうか。

貸出期間と保険の違い

最大の違いは、貸出期間です。
レンタカーは数時間から数日間の短期間の貸し出しが前提ですが、カーリースの場合は最低でも1年以上で大半は2年以上での契約となります。

また保険の扱いも異なり、カーリースでは契約者つまり利用する人が保険契約を結び万が一の事故の際には契約者から保険請求がされるというように、マイカーでの任意保険と何ら違いはありません。
したがって、保険契約した人以外の人物が運転して事故を起こした場合には補償を受けることはできません。
ところがレンタカーの場合はレンタカー会社が保険の契約をしていますが、運転していた人が事故を起こしても保険金は支払われます。

その他の相違点

ナンバープレートも異なります。
レンタカーでは「わ」や「れ」となりますが、カーリースは一般の自家用車と同じナンバープレートですし、新車でカーリースをする場合なら希望すれば自分の好きなナンバーの車に乗ることも可能です。

レンタカーの場合は税金や保険、車検、その他メンテナンスに掛かる費用などに関して考える必要はありませんが、カーリースでは借りる側がそれらの責任を負うこととなります。
ただし大半のカーリースにおいてこういった費用は月々のリース代金に含まれているので、業者にお任せといった状態でも問題はないでしょう。

一般的にカーリースを利用した場合、契約期間終了後にその後の車の扱いを選択できるようになっているケースがほとんどです。
つまり、その時点で車を事業者に返却するか、あるいはリースを継続するために再契約するかの2つです。

カーリースもレンタカーも事業者から車を借りて使用するという点は同じですが、前者はマイカーを所有する状況により近いといえるかもしれません。